MENU

消費者金融と銀行カードローンの比較

カードローンを発行しているのは、銀行、消費者金融などですね。銀行と消費者金融のカードローンではどのような違いがあるのか、比較してみましょう。実は利用できる方や利用できる額に違いがあるのです。

 

・総量規制の違い

総量規制は貸金業法に含まれる法律です。この規制とは、貸金業者から借入できる額を定めているものとなります。年収の3分の1までが貸金業者から借りられる額ですね。この総量規制は、銀行カードローンは対象外となります。つまり、銀行カードローンでは、年収の3分の1を超えた額でも申し込みできるのです。もちろん借入希望額や、利用の条件などから、銀行、消費者金融どちらに申し込みをするのか決定しましょう。

 

・本人収入がない方も申し込める違い

総量規制があることから、消費者金融のカードローンでは本人収入がない方は申し込めません。専業主婦の方が利用できない消費者金融がほとんどです。銀行カードローンでは、配偶者に安定した収入がある方なら申し込みができるものが多くなっています。

 

・借入のタイミングでの違い

消費者金融など貸金業者は、「お金を貸す」というローン商品のみを取り扱っています。そのため、利用者にとって最速のものや便利な方法を選びやすくサービスも充実しています。銀行のサービスが充実していないというわけではありません。銀行カードローンでも審査時間の短いものや、便利に借りられるものも増えています。ただし、来店契約が必須のもの、カードを郵送受け取りのみできるもの、銀行口座開設後でないと借りられないものなど、条件が銀行ごとに違うこともあるのです。申し込み前に確認することが必要でしょう。

 

違いを知っておかないと、申し込みできないものを選んでしまうかもしれません。また、最適なカードローン選びができない可能性もあります。どんなカードローンを利用したいのかという計画を立てる前に、金融機関ごとの違いを把握しておきましょう。